自分自身がどうかだけで考える。

僕は日頃から自分の立ち位置を確認している。

だけど立ち位置というのは自分以外の人を見て決めることに他ならない。

僕は他人よりどれだけ優れているか考えることだ。

だから自分が劣っていると思ったら努力する。自分が一番だと思っていたら現状維持する。

そういう感じで生きている。

 

”だけどな、それで本当にいいのだろうか、誰が見ていなくても、誰かが自分よりも優れていてもどうでもいいじゃないか、未踏とか異能ベーションに自分よりも先に選ばれた人に嫉妬している場合じゃねえよ。俺自身は俺自身のことを毎日死ぬ気でやればいいじゃねえか。”

とまあ僕の心の中はこれくらい図太い精神で溢れています。口調は基本は僕です。だけど心の中では”俺は”で考えています。僕というのは建前です。下手から出ていても、自分はこうだと思っています。

だから、僕は嫉妬していない。だけど”俺は”嫉妬している。

頑張るだけじゃダメ。頑張るはレッドオーシャンだと落合陽一さんは言っています。

頑張ることはみんなしているのだからそこで戦っても勝てない。そんな意味だと思います。

僕もそう思います。無計画に頑張ってもダメ、目標を決めて、効率的に努力しなければ、僕以上にも死ぬ気でやっている先生や博士課程の学生には勝てない。そういうメッセージをもらいました。参照: http://ask.fm/YoichiOchiai

 

僕もそう思います。未踏クリエータにはきっとなってみせます。だけど、それは他人が決める事。死ぬ気で今回は応募します。でもダメな事はあります。だけど無意味にはならないです。自分の作品を作って自分で公開していけばいい。

だから僕は(”俺は”)頑張る。死ぬ気で計画的に頑張る以上の上級頑張る。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください