Juliaでぐりぐりするシリーズ①

タンパク質構造(Protein Structure)を表示

コードは以下に記載してます.
https://nbviewer.jupyter.org/github/Ooshita/ml_page/blob/master/julia/%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E8%B3%AA%E6%A7%8B%E9%80%A0.ipynb

 

3次元ランダムウォークを表示

コードは以下の下側の方に書かれています.
https://nbviewer.jupyter.org/github/Ooshita/ml_page/blob/master/julia/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%81%AE%E6%95%B0%E7%90%86.ipynb

タンパク質構造のファイル(PDBファイル)は https://www.rcsb.org/ でダウンロード出来るものです.

Juliaはこのように高速で,かつ鮮やかなことも簡単にできます.
Juliaに興味を持った方はこの機会に勉強してみてはいかがでしょうか.

また,今回のライブラリやjuliaについて教えていただいた黒木玄さんに感謝いたします.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください